ぜんまいざむらいのヒミツ

第1回目放送からの、
ぜんまいざむらいファンの
ぜんまいこざむらいが、
ぜんまいざむらいのヒミツを暴こう!


ぜんまいざむらいが、
どうして「いっぷく」に住んでいるのか?

どうして「ぜんまい」を頭にくっつけているのか?

ぜんまいざむらいは、
ぜんまいざむらいになる前に、
だんご屋さんに泥棒に入ったのだ。

泥棒?

超悪い子だったんじゃん!

で、見つかりそうになったので
井戸に逃げ込もうとしたら
落ちてしまって
死んでしまったのだ。
(けっこうディープでしょ?)

大福の神様が、
「108つのいいことをしたら
生き返らせてあげよう」
と、ぜんまいを頭に着けてくれたのだ。

1ついいことをしたら、
ぜんまいが巻かれる、というわけ。

からくり大江戸は、未来のような、昔のような
魅力あふれる街。
わたしだったらそのまま居ついてしまいたいけどなぁ。

108つのいいことをしたら
フルにぜんまいが巻かれた・・・ということで
たぶんぜんまいざむらいは
元の世界に生き返って戻るのだろうが・・・

そういうわけで、
だんご屋「いっぷく」のおばばと
忍者豆丸と一緒に住んでいるのだ。

ぜんまいざむらいのヒミツは
分かったかな?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3332503

この記事へのトラックバック